WoT初心者脱出ブログ

WoT初心者脱出ブログ@れいしき

主にWoTの初心者〜中級者への攻略ブログです。たまに他のことも書きます。

【WoT】Tier10最強戦車ランキング|おすすめ拡張パーツも紹介

こんにちは、れいしきです。

今回は、2021年6月現在で僕が最強だと考える戦車をランキング形式で紹介していきます。この記事では、Tier10についてまとめています。

さすがに全てのTier10戦車を載せるわけにもいきませんので、SSランク~Aランクまでの紹介とさせていただきます。

また、オススメの拡張パーツやコメントも付けていますが、あくまで僕個人の考えであるため、参考程度としてください。一番いいのは、あなたのプレイスタイルに合った組み合わせ、戦車ですから。

 

Tier8、9はこちら⤵

reishiki8810.hatenablog.com

reishiki8810.hatenablog.com



 

 

注意!

以前、「初心者におすすめの強戦車」(※Tier6,8,10のみ)という記事を書かせていただきましたが、今回の記事で紹介する戦車は強い反面、扱いの難しい戦車も多数います

 

なお今回はTier10の紹介であるため、金弾、食料はある前提で紹介しています。仮に食料を積まない場合、視界が445mに届かないことが多々あるため注意してください。

 

SSランク

T95/FV4201 Chieftain

チーフテン

CWE(クランウォーズイベント:クラン同士の集団戦)の報酬車両であり、現状最強と言われる戦車。その強さからCWでは必須級だが、その入手方法がCWEであるという環境を作り出している張本人でもある。

単発440と同国Sconよりやや高く、貫通力は270/322/140(APCR/APCR/HESH)というとても使いやすい性能となっている。DPMはSconには及ばないものの、重戦車としては十分である。

防御面でも非常に優秀で特に砲塔が硬く、俯角10度を使ったハルダウン時のチーフテンはほぼ無敵。一方、車体装甲は別段硬いわけではない。

機動力に関しては快速重戦車とはいかないものの、重戦車としては速い方。

総じて高性能にまとまった戦車であり、ハイエンドコンテンツであるCWEの報酬車両に見合った強さであるといえる。榴弾の弱体化により更に厄介な存在になったが、自走APが刺さることもある。

オススメの拡張パーツは、ラマー。あとは人によってかなり分かれる。スタビ、装甲材、換気扇、タボチャなど。とくに集団戦で用いる場合にはMAPによって構成を変えたりする。

 

チーフテン攻略法に関しては、以下の記事を参照してください。

reishiki8810.hatenablog.com

 

CWEについても解説しています。

reishiki8810.hatenablog.com

 

Obj.279(e)

279

パーソナルミッション第2戦線の最終報酬として獲得できる戦車。その強さはチーフテンと肩を並べるほど。また、チーフテンや907と違い、個人の努力次第で取れるため集団戦を本格的に参戦したいという戦車兵にとっては心強い味方である。

単発440、340HEATとIS-4と同じ主砲で、DPMはチーフテンと同じである。しかし、俯角が5度しか取れないところが欠点。

そして279eの強みはその防御性能。砲塔は綺麗なお椀型砲塔であり、小さなキューポラ以外はカチカチである。また、車体に関しては車体下部が”存在せず”、正面から見た時に明確な弱点がないのが一番の強みだ。

反面、機動力は重戦車らしいもので30~35㎞程度である。

チーフテンと比べ、防御面に振った戦車でありCWEでも重要ポジの防衛や、ゴリ押す際に用いられる。パーソナルミッションの最終報酬として、遺憾なくその力を発揮してくれるだろう。

オススメの拡張パーツは、ラマー、スタビ、装甲材。こちらも集団戦ではMAPによって構成を変える。候補は、タボチャ、換気扇など。

 

パーソナルミッション第2戦線のススメとして、以下のような記事を書いています。

reishiki8810.hatenablog.com

また、279eを相手取る際の攻略法も紹介しています。

reishiki8810.hatenablog.com

Obj.907

907

CWEの報酬車両で、チーフテンと並び圧倒的なピック率を誇る中戦車である。

同国にObj.140という非常によく似た戦車がいるため、そちらと比較して性能を簡単に紹介する。

火力面では、907の方がDPMが高いものの、拡散・俯角では140の方が良い(907は5度、140は7度)。単発火力や貫通力は同じである。

防御面では907の方が高いといえるが、しっかり狙われると普通に抜かれてしまうためマグレ弾きの確率が高いのが907という認識でよい。しかし、140はよく燃えるので、やはり907の方が強い。また907の方がHP2000と、140より100高い。

機動面・隠蔽率ではほぼ同等である。

CWEの報酬車両として十分な力を持った強戦車である。とはいえ、適当に扱ってもその強さは発揮できないため、プレイヤースキル次第で弱くも強くもなる戦車だ。

オススメの拡張パーツは、ラマー、スタビ、換気。こちらも集団戦ではMAPによって、タボチャ、装甲材などを用いることがある。

121B

121B

弱い弱いと言われ続けれ早幾年…ついに栄光の座をつかんだ中戦車。CWE報酬車両かつ、ボンズでも購入可能な特別戦車である。

単発390、261/350/105(APCR/HEAT/HE)と、やや貫通力高めなHEATが強みである。また、盛りまくることで、DPMが3970にまで上がる。それでいて精度・絞りも良好であるため、かなり強い。なお俯角は5度しか取れない。

砲塔装甲が275mmのお椀型砲塔であり、907や140と比べると硬くなっている。一方、車体装甲は柔らかい。機動力は平凡。

地味な特徴として、視認範囲がデフォルトで420mとトップタイであり、乗員が育っていなくても換気扇を積める。

オススメの拡張パーツは、ラマー、スタビ、換気扇

2021/6のアプデで強化され一気に最強格に躍り出たが、この記事を書いている時点ではまだ評価が変わる可能性があるため注意。しかし907と比べ、ボンズで買えるという点が大いに強みとなるだろう。

 

EBR105

EBR

装輪戦車ルートの集大成として戦場を駆けるタイヤ。SSランクでは唯一の通常ツリーの戦車としてランクインさせている。

単発390と軽戦車としては高く、また榴弾貫通もちょっと高いため自走をワンパンしたりできる。

なにより、最高速度91㎞というぶっちぎりのスピードが特徴的であり、上手いEBR乗りは本当に弾を”避ける”ことができる。

それでいて隠蔽率もTier10LTトップレベルであり、遊撃・偵察・ポジ取りなんでもござれな戦車である。ただし、運転するだけでも難しいピーキーな性能であるため、練習は欠かさないように。

オススメの拡張パーツは、被膜、換気は固定で、ラマー・スタビ・車長用視認性向上装置・消音排気システムなどを付け替えたりする。

なお、EBRに対して弾を当てる方法を紹介した記事もあります。

reishiki8810.hatenablog.com

reishiki8810.hatenablog.com

Sランク

 

S.Conqueror

Scon

前身のコンカラーを順当に強化したスーパーなコンカラである。

本当に上記の通りであり、Tier9のConquerorをそのまま強くした感じ。よりDPMが高く、より防御力が上がった。

重戦車としては高いDPMが特徴で、チーフテンに勝っている点である。機動力は高くないため、集団戦では防衛などに用いられる。

オススメの拡張パーツは、タボチャ、ラマー、装甲材。元から拡散が良いのでスタビは積まなくても何とかなる。

VK 72.01(K)

VKK

CWEでの報酬車両であるが、チーフテンや907と比べると万人受けしづらい後部砲塔重戦車で、現に戦場で見かけることは少ない。

E100と同じ15㎝主砲を持ち、350HEATとやや強化されている。後部砲塔であるため、豚飯が捗ると思いがちだが、砲塔基部が弱点であるためハルダンが基本戦術になる。

集団戦でも用いられることがあるが、E100やObj.279eの登場により活躍の機会が失われつつある。

オススメの拡張パーツは、ラマー、装甲材、スタビ

E100

E100

戦術に応じて、12.8㎝砲と15㎝砲を変えられるザ・重戦車である。

12.8㎝砲はいわゆる”Maus砲”であり、311APCRとやや貫通が物足りないが、DPMが高めで高いHPと分厚い装甲でゴリ押す戦法が刺さる。

一方15㎝砲は、単発750の334HEATでありランダム戦では基本的にこちらが使いやすいだろう。ターン制の撃ち合いなどでは優位に立ちやすい。

砲塔正面が弱点ではあるが、よそ見をすることであまり抜かれないようになるため、しっかり練習しておこう。

オススメの拡張パーツは、ラマー、スタビ、装甲材

Obj.277

277

快速重戦車の代表的な重戦車。集団戦初心者が特にお世話になる戦車でもある。

単発490の340HEAT、ソ連砲にしては良好な拡散と、扱いやすい主砲を持つ。車体装甲はかなり心配になる数値だが、砲塔装甲はカチカチであるため、ハルダウンで積極的に撃ち合いをしたい。

機動力が非常に高く、普通に40㎞~50㎞で走行可能。そのため、臨機応変な対応が可能であり、ランダム戦でも集団戦でも活躍できる。

オススメの拡張パーツは、ラマー、スタビ、装甲材

60TP

60tp

ポーランド産の高単発ハルダウン重戦車である。

単発750俯角8度、E100と違い砲塔正面が硬いという、E100の痒い所に手が届いた戦車である。しかし、貫通力が310HEATとやや低め。

車体装甲は所々に弱点が存在しているため、近距離での打ち合いでは極力さらさないようにしたい。とくに、砲塔基部がせり出しているため、豚飯では弱点となる。

E100と比べ、よそ見をしなくてよいため扱いやすい性能にまとまっている良戦車である。

オススメの拡張パーツは、ラマー、スタビ、装甲材

Leopard 1

Leopard

”動けるSタンク”と呼ばれることもある中戦車。高い精度と貫通力で敵を削っていく。

単発420とやや高めな火力を遠距離狙撃でもそつなく貫通させられる主砲を持っており、扱いやすさは随一である。

一方、装甲は紙であるため被弾=ダメージであることは留意したい。機動力が非常に高いため、敵の視認範囲外からの狙撃や、味方との連携などの立ち回りが適している。

オススメの拡張パーツは、ラマー、スタビ、被膜。被膜は換気扇でも良いが、換気でわずかにDPMを上げるより、被膜でアシストを取った方が稼ぎやすいと考えている。

STB-1

STB

日本産のDPM型ハルダウン中戦車である。圧倒的なDPMで殴り倒すスタイル。

単発360と控えめなものの、DPMが高くボコスカ撃てる。油圧サスペンションにより、最大俯角14度によるハルダウンがかなり有効。

砲塔装甲はやや硬いが、車体装甲は紙であるため自走砲が天敵である。機動性は中戦車としては普通。

オススメの拡張パーツは、タボチャ、ラマー、スタビ。タボチャを積むことで、撃って引いてがしやすいため被弾リスクを減らすことができる。換気を積んでさらにDPMを上げるのもアリ。

Carro45t

Carro

CWE報酬車両のオートリローダー中戦車。オートリローダーとしては珍しく硬いタイプである。

単発400x4のオートリローダーで、俯角9度と硬い砲塔を組み合わせたハルダウンが強力である。が、連射間隔は4sとローダーにしてはかなり長く、ごり押しがかなりし辛い。また、オートリローダーの欠点であるDPMの低さが顕著で、扱いづらさが目立つ。

しかし、この戦車を所持しているプレイヤー自体が強い人であることが多く、優等基準がバカ高くなっているので気になった方は戦績サイトなどで確認してみると面白いかもしれない。

Manticore

Manticore

小柄な見た目通りの高い隠蔽率と、その割に強い主砲を持った軽戦車である。

単発390で268APCR、俯角8度と中々いい主砲を持っているが、DPMがかなり低いうえ、仰角が8度しか取れない欠点がある。

機動性は軽戦車としては並だが、隠蔽率が高く消音排気システムを積むことで50%を超える。車体も小さいためELC EVEN 90のような運用が可能。

基本は偵察しつつ、所々でチクチク撃つのが楽しい。

オススメの拡張パーツは、被膜、換気。後の一枠は、ラマー、スタビ、車長用視認性向上装置、消音排気システムなどなど。好みによってかなり変わる。

 

Aランク

 

 IS-7

IS-7

Obj.277を防御寄りにした元祖快速重戦車である。

単発490、306APCRとやや貫通が低い主砲を持つ。が、APCRであるため扱いやすい。

砲塔装甲がかなり硬く、駆逐戦車の金弾をもってしても中々抜かれない。俯角は5度しか取れないが、ハルダウンをすることでまさに鉄壁と化す。

元祖快速重戦車であるため、一応40㎞~出るが流石に重たいのでスイスイとはいかない。

オススメの拡張パーツは、ラマー、スタビ、装甲材。集団戦でもたまに用いられ、タボチャなどを積むことがある。

AMX 50B

50B

単発400x4のオートローダー快速重戦車である。

金弾が326APCR、連射間隔が2.5sと扱いやすい主砲。俯角も10度取れるため不便はあまりない。一方、装甲はかなり薄く、榴弾すら貫通しかねない。重戦車らしい立ち回りは出来ないだろう。

しかし、機動力が高く50㎞~60㎞を簡単に出せるため、味方と連携して裏どりしたり、体当たりしたりできる。癖は強いものの、慣れればかなり扱いやすい戦車である。

オススメの拡張パーツは、スタビ、換気扇、装甲材。装甲材とした理由は、オートローダの基本戦術であるダメージ交換をしやすくするためである。

Obj.140

140

万能型ソ連中戦車。何でもできるがゆえに、プレイヤー次第で弱くも強くもなる。

Obj.907の欄で多少紹介したが、俯角が7度取れるため地形対応力が上がっている。DPMも高いため裏どりや狙撃、ラッシュなど様々な役割をこなすポテンシャルを持っている。

砲塔装甲がすこし硬いため、通常弾を撃ってくる相手にはハルダウンが刺さることも。ただし、車体装甲は柔らかい上燃えやすいので注意。

オススメの拡張パーツは、ラマー、スタビ、被膜or換気

B-C 25t

bc25t

390x5連射のオートローダー中戦車。WoT内でファンの多い戦車でもある。

弾倉火力1950が特に魅力的で、同格MTを一人で食うことも可能。とはいえ、連射間隔は2.73sかかるためそういった機会を得ることは稀。

また、通常弾が259APCR、金弾が330HEATと、両方の弾種を使い分ける必要があるためプレイヤースキルの要求度が非常に高い。

また、中戦車としては隠蔽率・機動力が高いことから、偵察も行うことができる。これもまた、プレイヤースキル次第である。

オススメの拡張パーツは、換気扇、スタビ、旋回機構。旋回機構に関しては、照準器やガンレイ、被膜なども考慮の内に入る。

CS-63

CS63

ターボモードでブイブイ走れる快速中戦車である。それでいて扱いやすい良戦車。

単発390の315APCR、俯角8度と使いやすい主砲で、高い機動力を用いてあちらこちらでダメージを吐いていく。

装甲は薄いものの、榴弾は貫通しにくい程度にあり、謎弾きもたまにする。

また、ターボモードを搭載しており、最高速度70㎞がすぐに出せるため開幕のポジション取りなどでは重宝する。移動時以外では基本的にノーマルモードで運用しよう。

集団戦でもその初動の速さからピックされることがある。

オススメの拡張パーツは、換気、ラマー、スタビ。集団戦の戦術によっては、換気扇をタボチャ装甲材にすることもある。

T110E3

E3

鉄壁レベルの硬さと高い攻撃力を持ち合わせた、まさに移動要塞のような戦車である。

単発750の350APCR、俯角8度と強力な攻撃性能を持っており、固定砲塔ではあるものの不満の少ない戦車である。

防御面が特に秀でており、一見弱点と思えるキューポラ(副砲塔)であさえも340mmほどありまさに鉄壁。弱点である車体下部さえ隠せればほぼ無敵である。なお、車体側面はかなり薄いのでFV4005には注意。

オススメの拡張パーツは、ラマー、装甲材、旋回機構

T110E4

E4

T110E3を砲塔動かせるようにしたバージョン。硬さはかなり落ちたものの、積極的に動けるようになっている。

主砲性能は基本的に同じであり砲塔が回る分、撃ちに出たりNDKに対応出来るようになっている。

一方防御面はかなり弱体化されており、E3のような要塞っぷりは発揮できない。が、金弾や弱点を撃たれなければ割と弾くため怯えるほどでもない。コンスタントに750ダメージを与えていきたい。

オススメの拡張パーツは、ラマー、換気扇、旋回機構

Strv 103B

Stank

まさにスナイパー。高貫通高精度で的確にダメージを吐いていく。

単発390とTier10駆逐としてはかなり低い数値だが、DPMが非常に高くWoT内3位の座に君臨している。射撃モード中の高精度と、350APCRが組み合わさった狙撃は強力。

また、上部が50mmとなっており、口径150mm以下のAP/APCRは強制跳弾が可能。下部も40mmであるため、口径120mm以下のAP/APCRは跳弾できる。さらに、HEAT柵が追加されたため遠距離ではそうそう抜かれなくなっている。 

オススメの拡張パーツは、ラマー、タボチャ、カニ。タボチャを積むことで、射撃モード中の移動速度が向上するため、扱いやすさが格段に向上する。

 

 

おわりに

というわけで、ランク別に強戦車を紹介しました。繰り返しになりますが、このランキングやオススメの拡張パーツ、評価などはあくまで僕の独断と偏見ですので、絶対これだ!というわけではありません。

僕も、ただ強いだけの戦車には魅力を感じないこともあります。ぜひあなたが「この戦車に乗りたい!」と思える戦車に乗っていただければ、と思います。この記事はそのお手伝いになればいいかな、と考えております。

それでは、今回はここまでとします。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

Tier8、9はこちら⤵

reishiki8810.hatenablog.com

reishiki8810.hatenablog.com